新しい独自ドメイン設定

独自ドメインを設定することで、独自性の高いオリジナルURLでサイトを公開することができます。
独自ドメイン設定には「従来の独自ドメイン設定」「新しい独自ドメイン設定」の2種類があります。

サイトをSSL化しない場合は、従来の独自ドメイン設定をご利用ください。

※本サービスでは独自ドメインの発行・管理は行なっておりません。
※事前にドメイン発行会社で独自ドメインを取得してください。(日本語ドメイン不可)
※サイトURLに独自ドメインを使用する場合は、wwwなどのサブドメインを設定する必要があります。
例) 独自ドメインがaaaa.comの場合、サイトURLは、http://www.aaa.com となります。

コントロールパネルから独自ドメインを登録する

1)コントロールパネルにログインした状態で、コースから〈各種設定〉をクリックします。

2)〈独自ドメイン設定〉をクリックします。

3)画面中央の〈新しい独自ドメイン設定〉をクリックします。

4)〈新規ドメインを設定する〉をクリックします。

5)ドメインを入力し[1]、〈次の設定へ〉をクリックします[2]。

6)ドメイン所有者であることを証明します。
お客様が該当ドメインの所有者本人、もしくは同一組織に属していることを認証する必要があります。
以下の4つの認証方式から、ご都合のよい認証方式を選択し[1]、〈この認証方法を選択する〉をクリックします[2]。
※メール認証を推奨しています。メール認証による認証が難しい場合は、その他の方式をお選びください。

メール認証の設定方法はこちら
メタタグ埋込認証の設定方法はこちら
HTMLファイル認証の設定方法はこちら
TXTレコード認証の設定方法はこちら

7)ドメインの登録が完了しました。

※サブドメインは初期値はwww.と設定されますが、www.以外の値に設定したい場合は、
引き続き「サブドメイン追加設定」を行ってください。

ドメイン管理会社の管理画面にて「DNSレコード設定」を設定する

独自ドメイン管理会社側にもサーバー情報(=DNSレコード)を設定しておく必要があります。
この設定を「DNSレコード設定」と呼び、こちらは契約した独自ドメイン管理会社の管理画面で設定します。

<独自ドメイン管理会社がBIGLOBEの場合>
オフィスサービス管理者画面で、「Feather cloud設定(無料)」を設定してください。
上記の設定を行うことにより、DNSレコードが自動的に登録されます。
オフィスサービス管理者画面はこちら
※「Feather cloud設定(無料)」がエラー等で行えない場合は、Feather cloudコントロールパネルの「各種設定」→「お問合わせ」より、BIGLOBE法人コンタクトセンターまでお問い合わせください。

<独自ドメイン管理会社がBIGLOBE以外の場合>
独自ドメイン管理会社の管理画面で、以下のCNAMEレコードを登録してください。

●CNAMEレコード
種別: 「CNAME」 を選択
サブドメイン: www と入力(※別途サブドメインを設定した場合は、そちらを入力)
値: control-lb-dom01.blks.jp
優先: 空欄

Feather cloudのサーバへ、FTPでファイルを転送されているお客さまは、以上で設定終了です。

続けて、サイトをSSL化(https化)する場合は、こちらをご参照ください。

Feather cloudでサイトを作成されているお客さまは、引き続き以下の手順3を行ってください。

サイト設定画面で「サイトURL」と「サーバーディレクトリ」を設定する。

サイト設定画面で「サイトURL」と「サーバーディレクトリ」を設定します。

サイトURL        : http://www.独自ドメイン/ ※小文字で入力
サーバーディレクトリ : /独自ドメイン/

例)独自ドメインが「EXAMPLE.COM」の場合
サイトURL         : http://www.example.com/
サーバーディレクトリ : /example.com/

※サイト設定については「サイト設定を行う」を参照してください。

以上の設定を行った上で、アップロードを行います。

続けて、独自ドメインURLで公開したサイトをSSL化(https化)する場合は、こちらをご参照ください。