Google Search Consoleを設定する

Google Search Consoleとは、サイトに訪れた訪問者が「どのような検索ワードで検索されたかなど、「サイト訪問前の動き」についての情報を解析できるサービスです。
SmoothGrowの概要については、こちらを参照してください。

SmoothGrowの設定をするには、下記の1.2のいずれかが必要です。

1.Googleアナリティクスと、Google Search Consoleの事前設定
2.Googleアナリティクスのトラッキングコードを設定したタグマネージャーと、Google Search Consoleの事前設定
※取得されるデータは、1と2のどちらで設定いただいても同一です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー◼️

本記事ではGoogle Search Consoleの初期設定手順をご案内いたします。
設定にあたっては、あらかじめGoogleのアカウントの作成が必要です。
設定時にサイトの所有権の確認を行う必要があり、Googleアナリティクスのプロパティ(トラッキングID)をご用意いただくことで、サイトの所有権の確認がスムーズに行えます。

Google社の提供サービスのため、以下の手順は参考情報です。(サポート対象外)
お客さまによってページの表示が異なる場合や、仕様変更が行われる場合もございますので、設定方法のご不明点は、Google社へご確認をお願いいたします。

Google Search Consoleにアクセスする

Google Search Consoleにアクセスし、「今すぐ開始」をクリックします。


Googleアカウントでログインします。

新規でプロパティを作成する

左上の検索窓をクリックし、「プロパティを追加」をクリックします。

プロパティのタイプを選択します。特定のサイトURLを指定する場合は「URLプレフィックス」を選択し、サイトのURLを入力後、「続行」をクリックします。

所有権を確認する

登録を完了するには「そのサイトが自分のものである」と言う認証をする「所有権」を確認する必要があります。

Googleアナリティクスや、Googleタグマネージャーで、すでに対象のURLを登録済みであれば、どちらかをお選びください。自動で所有権が確認されます。

Googleアナリティクスや、Googleタグマネージャーで、対象のURLを登録されていない場合は、「HTMLタグ」お選びいただき、下記4の手順を行ってください。

Google Search ConsoleのHTMLタグをサイトに設定する

※本設定は、上記3の所有者の確認画面で「HTMLタグ」を選択されたお客さまのみ行ってください。

上記3の所有者の確認画面で「HTMLタグ」を選択した際、画面に表示されたHTMLタグ(メタタグ)をコピーし、設定したいサイトの「サイト設定」→「アクセス解析設定」→「Google Search Console設定」→「サイト確認用<meta>タグ」に貼り付けし、「適用」をクリックします。
※Google Search ConsoleのHTMLタグ(メタタグ)設定の詳細については、こちらをご確認ください。

上記完了後、サイトエディタ画面で「サイト全体を再構築」を実施の上、「サイトを公開」を行ってください。