動画パーツを使う

QuickTime Movie、RealPlayer Media、Flashなどの動画ファイルをパーツとして挿入できます。

レスポンシブ形式では、mp4、m4v、flv形式の動画のみ再生可能です。
iOS環境 ブラウザSafariでは、インタレース形式の動画は再生されないため、ご注意ください。

動画を指定する

編集エリアで動画を挿入したい場所にカーソルを合わせ、〈その他〉をクリックし[1]、〈動画〉を選択します[2]。

アイテムブラウザが表示されます。再生したい動画ファイルの種類を指定します。

〈動画をアップロード〉

パソコンの動画をユーザフォルダにアップロードします。

〈動画〉

アップロードされた動画のファイル形式を選択します。

動画一覧

動画のサムネールが表示されます。

〈選択〉

動画の選択を確定します。

〈動画削除〉

アップロードされた動画を削除します。

〈キャンセル〉

動画の選択をキャンセルします。

動画パーツを設定する

挿入された動画パーツを選択すると、動画パーツ設定が表示されます。動画パーツ一覧に表示されているパーツは以下の通りです。

〈ファイルを選択〉

クリックして、メニューから読み込む動画ファイルの形式を選択します。

〈サイズ〉

貼り付けた動画の表示サイズをピクセル単位で設定できます。

〈通常再生〉

初期設定では通常再生による動画再生が選ばれています。
〈自動再生〉にチェックを付けると、ページにアクセスした際に動画が自動的に再生されます。
〈ダウンロードリンク〉にチェックを付けると、動画をダウンロードするためのリンクが作成されます。

〈ボタンで拡大再生〉

クリックしたときに動画が拡大再生されます。拡大再生するボタンに表示するテキストも設定できます。