記事レイアウトをタグで編集する

ブログコーナー内に生成される「template.detail」内の ブログ表示用の記事や、ブログの目次表示用のインデックスブロックは
エディタモードに切り替え、本記事で案内するタグを組み込むことで独自のデザインを行うことが可能です。

ブログ機能専用のタグは、ビルボードエリア、メインエリアにのみ設定が可能です。ヘッダーやフッターでは動作しませんので、ご注意ください。

ブロックエディタを開く

編集したいブロックを開き、エディタモードに変換します。

■記事タイプのブロックの場合

■インデックスタイプのブロックの場合

ブロック内に、下記の情報を記載することでブログ用ブロックの編集が行えます。

高度な内容となるため、念のためサイトデータはあらかじめ複製しバックアップをお取りください。

【記事タイプのブロック/インデックスタイプのブロック共通のタグ】
[%title%]:記事エディタで「タイトル」に設定した項目を表示します。
[%article%]:記事エディタで「本文」に設定した項目を表示します。
[%article_short_数字%]:本文を数字の文字数だけ切り出し、末尾に「…」を付与して表示させることができます。
[%lead%]:記事エディタで「リード文」に設定した項目を表示します。
[%category%]:記事エディタで「カテゴリ」に設定した項目を表示します。
[%tags%]:記事エディタで「タグ」に設定した項目を表示します。
[%article_date%]:記事の日付を”yyyy/MM/dd HH:mm”形式で表示します。
[%article_date_notime%]:記事の日付を”yyyy/MM/dd”形式で表示します。
[%article_date_wa%]:記事の日付を”yyyy年MM月dd日 HH時mm分”形式で表示します。
[%article_date_notime_wa%]:記事の日付を”yyyy年MM月dd日”形式で表示します。
[%article_date_dot%]:記事の日付を”yyyy.MM.dd HH:mm”形式で表示します。
[%article_date_notime_dot%]:記事の日付を”yyyy.MM.dd”形式で表示します。

【記事タイプのブロックで利用可能なタグ】
[%list_start%]~ [%list_end%]画像パーツを表示するには、このタグで画像パーツを囲む必要があります。
※画像パーツと[%list_start%]~ [%list_end%]はセットのタグとなります。画像パーツ、または[%list_start%]~ [%list_end%]を削除すると、正常に記事が出力されませんのでご注意ください。

[%link_prev%]前の記事へのリンクを設定可能です。
[%link_next%]次の記事へのリンクを設定可能です。

次の記事、前の記事へのリンク設定は、リンクパーツを作成し、その中で設定を行います。

【インデックスタイプのブロックのみで利用可能なタグ】
[%index_start%]~[%index_end%]:このタグに囲まれた部分に、指定された対象ブログの記事数分繰り返し出力します。
[%new%]:「NEW」マーク表示用のspanタグを出力します。

【画像パーツ内】
[%link%]:画像パーツ内のリンク欄に記載すると、記事エディタ画面でリンク先に入力した値が挿入されます。
[%comment%] :画像パーツ内のコメント欄に記載すると、記事エディタ画面でキャプションとして入力した値が挿入されます。

【リンクパーツ内】
リンクパーツ内のテキスト欄に[%title%]、[%lead%]、[%article%]、[%article_short_数字%]が入力可能です。