Dressの概要

Dress機能を使用すると、サイトのデザインを構成するCSSを設定することが可能です。
サイト全体のデザインに統一感を持たせることができ、編集も一括で行えます。

Dressの構造

Dressではサイト全体で使用する色や、メニューや見出しなどパーツごとのデザインを編集できます。
あらかじめデザイン情報が設定されたDressテンプレートも用意されており
Dressテンプレートはカスタマイズしたり、新しく作成することも可能です。

Dressで設定した内容をもとにCSSファイルが出力されます(Dress ≒ CSS)


【ページDress】
ページ単位で異なるDressを設定することができます。

【ブロックDress】
ブロック単位でDressを紐づけて部分的にデザインを変えることができます。

項目とスタイルの関係

デザインを編集したいパーツを選択し、パーツのどの部分を編集するか選択して項目を追加します。
必要なスタイル(プロパティ)を項目ごとに設定可能です

スタイルは「共通の設定」と「モバイル向けの設定」の2パターン設定できます。

Dressで設定できない項目

下記項目についてはDressでのデザインの編集が行なえません。
【SmoothContact】
【スライドショーパーツ】

サイトデータのDressは解除できません。
Dress未適用の状態にする場合は新規作成でブランクDressを作成します。ブランクサイトはデフォルトではDressは適用されていませんが、一度適用すると解除はできませんのでご注意ください。
編集可能なDressは現在編集しているページ(またはブロック)の適用中のDressのみとなります